アクセススイッチ

国際標準に準拠した最先端技術を用いた光ファイバネットワークを利用した
「次世代ネットワーク」(Next Generation Network/NGN)が主流となっています。
次世代ネットワークサービスでは、高速インターネット接続だけなく、複数のサービス
を同時にユーザーへ提供することが可能です。

弊社では常にお客様のニーズを正確に満たすことができる最先端技術を組込み、信頼性
そして費用対効果に優れたソリューションを提供しています。

オペレータ向け製品設計

ネットワーク管理を行う上で重要なことは、品質を意識したサービス提供や効率的なトラブルシューティングになります。CTSのFTTXソリューションは、Web GUI、Telnet CLI、SNMPなどの異なる管理インターフェイスに対応したレイヤ2ソリューションを提供します。

最大10ギガイーサネット対応

近年のスマートフォン、タブレットそしてオンラインビデオなどの急速な普及により、より高速で安定したインターネット接続が求められています。CTSでは、最大10ギガまでのFTTXソリューションを提供し、お客様が快適なネットワーク体験をユーザーへ提供するためのお手伝いをさせていただきます。

トリプルプレイ

CTSのFTTXソリューションは、お客様のトリプルプレイ(インターネット接続、IP電話、映像)サービスのニーズを満たすために特別にデザインされています。IGMPスヌーピング、VLAN、QoSなどの機能は、サービス品質を保証するとともに、ユーザーへ安定したトリプルプレイサービスを提供するができます。

FTTXネットワーク構成

FTTXネットワークでは、ユーザー側(Customer Premises Equipment/CPE)とセンター側(Center Office/CO)に分けることができます。CPEは各家庭やオフィスなどユーザーへネットワークサービスを提供しています。一方でCOはユーザーをサービスプロバイダー(xSP)に接続するためのトランスポートネットワークとして設計されることがよくあります。ネットワーク全体は、ネットワークオペレーションセンター(NOC)を介して管理され、COとCPE間の距離は最大で120km以上に及ぶ場合もあります。