なぜ FTTX P2P

通信業界にて PONとP2Pの優劣論弁が十年以上続けされてますが 結論としてPONよりP2Pはファバーネットワークの応用に於いて 優位性をもっています

専用回線によるブロードバンド接続
FTTXは光ファイバによる有線通信におけるユーザー宅向けの網構成方式の総称です。
ポイント to ポイント ファイバテクノロジーでは、加入者に対して最大1000Mbpsの接続速度を提供していますが、PONテクノロジーでは、77Mbps (2.488Gbps/32splits)を提供します。
成熟した互換技術
ポイント to ポイントによるFTTXサービスには30年以上のサービス実績とノウハウの蓄積があります。長年のサービス継続において、そのテクノロジーはオープンスタンダードとなり、相互接続環境や互換性も確立しています。
優れた拡張性
OLT(Optical Line Terminal)を利用するPON方式ではスプリッタのポート数に応じて32分岐または64分岐にて加入者へサービスが提供されています。一方で、ポイント to ポイントテクノロジーでは加入状況に応じて、スイッチやハブを追加することで多くの加入者を増やしていくことができます。
高い柔軟性
PONテクノロジーを用いたサービスは、OLT(Optical Line Terminal)から20km以内の制限があります。ですが、ポイント to ポイントテクノロジーを用いた場合、そのサービス範囲は局側設備(ルータ/スイッチ)から加入者宅まで最大160kmにまで広がります。
トラブルシューティング

ポイント to ポイント イーサネット技術において、トラブルシューティングを行う際の診断ツールや方法は一般的普及しています。

低発生率のシングルポイント障害
ポイント to ポイント FTTXネットワークでのシングルポイント障害のほとんどはアクセスノードでの停電であり、この問題は弊社の「バッテリーバックソリューション」で解決することができます。